勝部医院

勝部医院|西宮市上甲子園の内科、呼吸器科、循環器科、高血圧、糖尿病の検査治療などご相談下さい。

home 医院概要 診療時間 診療科目 お問い合わせ

 

お知らせ
挨拶
院長プロフィール
医院紹介
医院概要&アクセス
診療時間
診療科目
当医院の検査と治療
検査
治療
病気Q&A
高血圧について
脂質異常症について
糖尿病について
高尿酸血症について
心筋梗塞について
お問い合わせ
お問い合わせ
リンク集

 

HOME»  高血圧について

病気Q&A

 

高血圧について

疾患についての解説

 

1.高血圧とは

血圧には最高血圧と最低血圧があります。通常、高血圧とは最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上の時をいいます(年齢や基礎疾患の有無によって管理目標血圧は異なります)。ただし1回のみの血圧値ではなく、日をおいて何回か計測して診断します。

 

2.高血圧があるとなぜ悪い?

高血圧があると脳、心臓、腎臓などに重大な障害を生じる可能性があります。たとえば脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や狭心症、腎不全などです。適切な治療によって血圧をコントロールすることによって予防

 

3.治療は?

高血圧の治療は、各個人によって異なりますので自己判断は禁物です。通常はまず生活習慣の改善から治療を開始します。すなわち

(1)太りすぎに注意
(2)禁煙
(3)適度の運動(軽い運動を毎日30分くらい)を心掛ける
(4)節酒(長期の多量飲酒は血圧を上げます)
(5)コレステロールや中性脂肪のとりすぎに注意

などが大切です。これらに注意しても血圧が十分下がらないときは、薬を開始します。血圧を下げる薬(降圧薬)にはいろいろ種類があり、同じ高血圧でも患者さんそれぞれ服用する薬は異なります。薬によって血圧が下がっても、中断するとまた血圧が上昇しますので服薬を続けることが重要です。ただし、薬だけに頼るのではなく生活習慣の改善を忘れないように注意してください。これによって薬の量と副作用を減らすことも可能です。原則的に、薬は長期間続けることが必要ですので、副作用の発現には十分な注意が不可欠です。そのためには定期的な診察と検査が必要です。

 

4.高血圧治療での注意点

なによりも定期的に通院し、治療を続けることが重要です。薬は指定された時間にきちんと服用することにより、24時間にわたる血圧のコントロールが可能です。医療機関だけでなく家庭でも血圧を測定すると、治療効果の判定に大変参考になります。また治療中に立ちくらみ、めまい、脱力感、倦怠感などが現れたときは血圧が下がりすぎていることもありますので、医師にご相談ください。

 

お問合せ