勝部医院

勝部医院|西宮市上甲子園の内科、呼吸器科、循環器科、高血圧、糖尿病の検査治療などご相談下さい。

home 医院概要 診療時間 診療科目 お問い合わせ

 

お知らせ
挨拶
院長プロフィール
医院紹介
医院概要&アクセス
診療時間
診療科目
当医院の検査と治療
検査
治療
病気Q&A
高血圧について
脂質異常症について
糖尿病について
高尿酸血症について
心筋梗塞について
お問い合わせ
お問い合わせ
リンク集

 

HOME»  心筋梗塞について

病気Q&A

 

心筋梗塞について

疾患についての解説

 

1.心臓の働き

心臓は全身の臓器や筋肉などに酸素と栄養分を与えるため血液を送るポンプの役割を果たしています。
その送血量は1分間に約5リットル、1日で8000~10000リットル(大型タンクローリー車1台分の量)になります。この重要なポンプとしての働きを担っている心臓もまた血液によって酸素や栄養を補われています。すなわち心臓の表面から心筋内部を走る左右の冠状動脈からの血液によって、心臓はポンプとして働くためのエネルギーを得ています。

 

2.心筋梗塞とは?

心筋梗塞はこの冠状動脈に狭窄あるいは閉塞が生じ、心筋に対する血液の供給が途絶することによっておこります。すなわち、心筋への血流が途絶えるために心筋が壊死(簡単にいえば腐ったような状態)して心臓の働きが障害されてしまった病気を心筋梗塞といいます。

 

3.心筋梗塞の危険因子は

心筋梗塞を引き起こす危険因子としては以下の因子がとくに重要です。

(1) 高血圧 

(2) 高脂血症

(3) 肥満・糖尿病

(4) 喫煙

(5) ストレス

(6) 遺伝

したがって、これらの危険因子のある人は一層の注意が必要です。

 

4. 心筋梗塞の症状は

心筋梗塞の代表的な症状としては胸痛(特に前胸部がしめつけられるような激しい痛み)が有名ですが、その他冷汗、動悸、吐き気、めまい、息苦しさなどの症状を伴う事もあります。またまれに心筋梗塞がおこっても無症状の場合もあります。

 

5.心筋梗塞の検査

心筋梗塞が疑われた時や以前に心筋梗塞をしたことのある患者様に対しては、血液検査、心電図検査、レントゲンなどの一般的検査に加え、心エコー、ホルター心電図、運動負荷試験や時には心臓核医学検査、冠動脈造影、CT、MRIなどの特殊検査が必要になることもあります。主治医と相談のうえ検査をする事がよいでしょう。

 

6.心筋梗塞の治療

心筋梗塞の患者さんに対する治療には
  
  1,食事・運動療法
  
  2,薬物療法
  
  3,カテーテル治療
  
  4,外科手術
  
  などがあります。①は心筋梗塞の危険因子である高血圧、高脂血症、糖尿病の予防やコントロールのために必要であり、心筋梗塞の有無にかかわらず大切なことです。②、③、④に関しては心筋梗塞の重症度によって治療が選択されます。医師とよく話し合って治療法を選択することが大切です。

 

お問合せ